院長コラム 『運動が大切、最近の研究の傾向』

『運動が大切、最近の研究の傾向』

 

最近、ガン死亡率を下げる効果で見直されているのが、運動の効果です。

 

色々な研究で運動の効果がとても大きい事が、証明されているようです。

 

ある研究では、運動習慣のある人は、ガン死亡率を約37%も下げる事が分かっています。これは薬での効果をはるかに上回っているようです。

 

色々な研究で数値は異なっていますが、傾向として運動がガン死亡率をさげる事が分かってきているようです。

 

日に30分以上の運動、やはり普段の継続的な運動が大切なんです。予防医療が盛んになってきて、健康寿命という言葉もよく使われる様になりましたが、今後さらに注目されてくると思います。

 

今年の夏はとても暑い日々が続き、例年よりも熱中症がとても増えているように思います。
運動時には水分、特にスポーツ飲料で補水をしながら、是非気をつけて身体を動かしてくださいね。

今日も1日いい笑顔、いい1日でありますように😃。70.5