目の病気、近視について解説します。その理由と原因、対処法について紹介します。

近視の原因

近視の原因として、次の2つの因子が挙げられています。

  1. 遺伝
  2. 長時間の近方作業(読書、勉強、ゲーム)などの環境要因

上記2つの原因をもとに近視になりますが、その進行過程においては次にお話しする作用が目に起こるとされています。
光は目の調整によって網膜面上に焦点を結びますが、網膜の周辺部では焦点が網膜面上ではなく網膜の後方にずれることがあります(図1)。
この後方へ焦点ずれが刺激となり、目は焦点ずれを補正するために眼軸(目の前後の長さ)を後方に伸ばすと考えられています。
これらの影響によって、正視と言われる近視でも遠視でもない正常な眼軸長の状態(図3)から近視の眼軸長が伸展した状態(図4)に変化していくのです。
その結果、遠方からの光が網膜より手前に焦点を結び、網膜に届く像がぼやけてしまうことで、遠くの物が見えづらくなってしまいます。ほとんどの近視はこの様な状態によって生じています。

網膜の周辺部では焦点が網膜面上ではなく網膜の後方にずれる(図1)

焦点ずれを補正するために眼軸を後方に伸ばす(図2)

正視(遠視も禁止もない状態)(図3)

近視(眼軸長の進展)(図4)

近視の進行予防

眼軸長の伸びを抑えることで、ある程度近視の進行予防が可能であることが分かっています。
現在近視の進行予防として効果のあるものとしては、次の治療法が挙げられます。

  1. 0.01%アトロピン点眼液の点眼
  2. オルソケラトロジー(ナイトコンタクトレンズ)
  3. 累進屈折力レンズによるメガネ(MCレンズ:遠近両用レンズ)
  4. その他(マルチフォーカルソフトコンタクトレンズ)

上記に示した近視の進行予防の中で、一番予防効果の高いものは、0.01%アトロピン点眼とされています。はるやま眼科では、この0.01%アトロピン点眼による近視の進行予防治療を行っています。

点眼薬による近視予防について

0.01%アトロピン点眼薬は、夜寝る前に両眼に1回点眼することによって眼軸長の伸展が抑制され近視の進行を予防する効果を持っています。その効果は、近視の進行を60%抑制すると報告されています。

0.01%アトロピン点眼薬とは?

以前から眼軸長の伸展を抑制する点眼液として1%アトロピン点眼液が有効であることが分かっていましたが、長時間瞳孔が開く副作用から、ぼやけたり眩しさを生じるため、治療として応用することができませんでした。
しかし、この1%アトロピン点眼液を100倍に希釈した0.01%アトロピン点眼液で検討した結果、副作用は全く認められず、眼軸長の伸展を抑制する効果は差があるもの十分な効果を示し、近視進行予防の効果があることが報告されました。
この結果を受けて、日本以外のアジア諸国ではすでに治療薬として使用されるまでになっています。なぜアジア諸国かというと、それはアジア諸国では近視の人口が非常に多いということがその背景にあります。
日本でも数年後にはスタンダードな治療法になるのではないかと思っています。

使用方法と点眼期間について

点眼の継続期間は、理論的には体の成長期の間は、点眼を継続できればより効果が得られると考えられています。6歳から成長期にある近視の学童の方であれば、早期の近視から近視によりメガネをかけている方まで治療効果があると考えています。
高校生くらいまでの継続することが理想的ですが、まずは続けられるところまでと気楽に考えて始めてみるのが良いと思います。

毎日1回寝る前の点眼ですので、毎日習慣化していることに便乗して点眼するのが長く続くコツかなと思っています。
例えば、夜寝る前の歯磨きの後に点眼するなど、習慣化できれば年単位で継続することが出来るようになると思います。
毎日の習慣が5年後、10年後の良好な視力をつむぎ出していきます。継続は力なりです。