目の病気、はやり目について解説します。理由と対処法について紹介します。

はやり目とは?

アデノウィルスの感染によって生じる結膜炎のことです。
感染力が強く接触感染でうつるため、直接触れることだけでなく、物を介して間接的に感染することもあります。従ってはやり目になった場合は、目を触った手はよく石鹸で洗い、タオルなどを共有しないなど、周りへの配慮も必要になります。しかし、空気感染はしないため、一緒にいるだけでは感染しません。

上まぶたをめくると高度の結膜充血

上まぶたをめくると高度の結膜充血


はやり目の症状

  • 目やにが多く出て、起床時に目がひらかない
  • 白目の充血がつよい
  • 涙目

さらに状態が進行すると

  • 目に違和感
  • まぶたが赤くはれる
  • 光がまぶしい

進行した状態や点眼しても治らない場合には、まぶたの裏に偽膜が生じている場合があります。その場合は偽膜を除去しないと非常に治りが悪く、治療が長引く場合がありますので、やはり早期から完治するまでしっかりとした診察がとても大切となります。

増悪して偽膜が生じている 増悪して偽膜が生じている

偽膜を除去 偽膜を除去

はやり目の治療

目やに充血などを改善させるためのステロイド点眼と新たな感染を予防するための抗菌点眼の点眼治療を行います。原因はウイルスなので、風邪をひいた時のように栄養のある食事と睡眠を十分にとるなどの基本的なことが大切となります。

注意したいのは、目やに充血も改善し完治したと思ったあとに、かすみ目やまぶしさを訴える方がいます。これは、はやり目の後遺症として、黒目(角膜)に白色点状の混濁が生じたためです。この場合はステロイド点眼を混濁が改善するまで継続する必要があり、長い場合6ヵ月以上かかる場合があります。従って通院が終了した後もかすみ目を感じた場合には注意することが大切です。

はやり目による角膜混濁

はやり目による角膜混濁