はるやま眼科の白内障手術について。原因や症状、治療法についてご紹介します。

白内障とは?

人間の目はカメラによく例えられます。カメラと同様に目の中にはレンズが存在します。
そのレンズを水晶体といいます。
水晶体は生れたときは透明ですが、加齢などの原因によって混濁し、曇りガラスのように変化していきます。
この状態を白内障といいます。

若い時の見え方
【若い時の見え方】

白内障見え方例
【白内障の見え方】

白内障の症状

水晶体の混濁度合により、人それぞれ症状が異なってきます。

  • 視力が低下する
  • 目のかすみ
  • まぶしさ
  • 明るいところで見えにくくなる
  • メガネを合わせても、視力がでない
  • 二重、三重に見える
  • 近くが見えやすくなる

透明な水晶体では
透明な水晶体では

白内障では
白内障では

白内障の頻度

加齢による原因が最多ですが、下記のように様々な白内障の原因があります。

種類 原因
加齢性白内障 加齢
全身病に合併する白内障 アトピー性皮膚炎、糖尿病など
先天性白内障 風疹など
外傷性白内障 外傷
続発性白内障 ぶどう膜炎など
その他 放射線、薬剤(ステロイド剤)

白内障の治療法

① 点眼療法:

白内障が初期で視力が良好であったり、手術適応であっても手術にどうしても踏み切れないなど、保存的治療を選択する場合に行います。視力回復は望めませんが、白内障の進行をある程度抑制することができます。代表的な点眼薬としては、カタリンKや、カリーユニがあります。

② 手術療法:

白内障を根本的に治す唯一の方法です。
手術の工程はこちらのページからご確認いただけます。白内障手術工程はこちら

症例もご紹介しています。白内障手術症例はこちら