多焦点眼内レンズについて特徴や種類、比較、費用についてご説明します。

多焦点眼内レンズとは?

多焦点眼内レンズは、簡単にいうと遠近両用眼内レンズのことで、白内障手術後90%の方がメガネなしの生活になると言われています。以下、従来型の単焦点眼内レンズと比較しながら、説明します。

白内障手術では、水晶体の代わりに眼内レンズを挿入します。
手術時に入れる眼内レンズによって見える範囲に違いがでます。

多焦点眼内レンズの特徴と種類

眼内レンズには、2種類あります。

  • 単焦点眼内レンズ(ピントが合う距離が1つ)
  • 多焦点眼内レンズ(ピントが合う距離が複数)

単焦点眼内レンズは、ピントが合う距離が1箇所であるため、その他の距離では手術後必ずメガネが必要です。
例えば手術によって遠方にピントが合う眼内レンズを挿入した場合、右の図1でお示しした様に、手元はぼやけてしまいますので老眼鏡が必要となります。

一方、多焦点眼内レンズでは、遠近両方にピントが合いますので、右の図2でお示しした様に、手元もはっきり見えますので、老眼鏡がほぼ必要なくなります。

手術自体は、挿入するレンズが異なるのみで、手技はまったく変わりません。

遠方ピントの単焦点眼内レンズの見え方
図1【単焦点眼内レンズ(遠方ピント)】

多焦点眼内レンズの見え方
図2【多焦点眼内レンズ】

多焦点眼内レンズと単焦点眼内レンズの比較

単焦点眼内レンズ 多焦点眼内レンズ
手術後のメガネ 100%必要 90%の方が必要ない
手術費用 保険診療 自由診療
ピントが合う距離 1つ 複数
見え方の質 シャープ ピントが少しあまい
見え方に慣れる期間 比較的早い時期にOK. 慣れるまでに3か月ぐらいかかる場合もある。
適応 全ての方に適応。 術前検査と問診で慎重な判断が必要。

多焦点眼内レンズの手術費用について

多焦点眼内レンズによる白内障手術は、保険適応外で自由診療となるため、自費になります。当院では、片眼で380.000円としています。これは、手術費用と手術前から手術後3ヵ月間の検査、診察、内服薬、点眼薬などの費用をすべて含んだ額です。

片眼 両眼
負担額 380,000円 760,000円

多焦点眼内レンズが特に有用だと思われる方

  • 遠視(遠方は裸眼で、手元のみメガネを使用している)の方。
  • メガネの使用頻度をゼロではないにしろ、極力減らしたい方。

これらが当てはまる特に有用だと思われる職業、趣味、ライフスタイルでは、以下のとおりとなります。

多焦点眼内レンズをおすすめする方
職業 理容師、美容師、教師、農業、漁師など
趣味 釣り、旅行、ゴルフ、スキューバダイビングなど
ライフスタイル・生活面 運転・ドライビング(夜間走行を主にする方には不向きです。)、お買い物、お化粧、テレビ視聴など

多焦点眼内レンズをおすすめできない方

  • 強い乱視、緑内障による視野障害、黄斑変性症などの眼底疾患がある方。
  • シャープな見え方を希望する方。(多焦点では多少コントラストが低下します)
  • 正確性を求められるご職業の方。
  • メガネを絶対にかけたくない方。(多焦点でもメガネが必要になる方もいます)

どのようなケースでも、手術前に十分な検査をした上で、しっかりとした適応判断が必要となります。多焦点眼内レンズを希望の方は、まずははるやま眼科までご相談ください。