当院、院長である春山賢介よりご挨拶をさせて頂きます。

眼科診療を通して、患者さんを笑顔に

春山賢介

『はるやま眼科』では、日帰り白内障手術と糖尿病網膜症を専門にし、眼科一般診療や専門性の高い眼科疾患に対して、最適な治療が受けられる体制を整え、日々精進しております。 日々の診療の中で感じることは、患者さんの不安感というものは必ずしも病気の重症度と一致しないと言うことです。例えば、病期が初期で、治療経過が良好であったとしても見えなくなるかもしれないという不安な気持ちは、病気の重症度に関係なく存在するものと捉えています。

『はるやま眼科』では、そのような患者さんの不安な気持ちに寄り添いながら、その不安感を取り除き、気持ちの持ち方を患者さんと一緒に考えていくことを大切にします。

また、同時に「患者さんの味方でいたい」といつも考えています。外来という患者さんとのふれあいを通して、患者さんを包めるような医療を提供していきたいと思っています。

そして最後に「笑顔になってお帰りいただく」ことを追求していきたいと考えています。
それが、『はるやま眼科』の追求する最高の医療です。
そのためにすべてにおいてベストを尽くすことをお約束いたします

院長 春山賢介

はるやま眼科 院長 経歴

平成8年 聖マリアンナ医科大学卒業
平成9年 東京女子医科大学 糖尿病眼科入局
日本大学医学部附属板橋病院 眼科研修
平成10年 久我山病院
平成11年 済生会川口病院
平成14年 函館江口眼科病院
平成15年 東京女子医科大学 糖尿病眼科
平成17年 東京女子医科大学 糖尿病眼科 助教
平成25年 はるやま眼科院長
東京女子医科大学 糖尿病眼科 非常勤講師

専門は白内障手術、網膜硝子体手術、糖尿病網膜症

日本眼科学会眼科専門医、医学博士

スタッフ・院長

 

理念

『気づいたら、笑顔になっていた』なんてこと、皆さんにも経験があると思います。
眼科医療を通して自然と笑顔になってほしい、そんな想いがあり、『患者さんに笑顔になってお帰り頂く』ことを、はるやま眼科の目標に掲げました。
そして、いつか『眼科医療を通して人を幸せにしたい』、そんなことができたらと思っています。

 

クレド

はるやま眼科は、『患者さんに笑顔になってお帰り頂く』ことを実現するために3つのことを実践しています。

1.『人を大切に想う』
自分が自分自身を想うように、人は誰でも自分を大切にして欲しいと思っています。
それは自尊心があるからです。人の自尊心を大切にすることこそ、最も大切なことと考えています。
『人を大切に想う』この想いこそ、はるやま眼科の最も大切にしている考えです。

2.『言葉を大切に想う』
言葉は、その人そのもの、人生そのものではないかと思っています。
『言葉を大切に想う』ことにより、意識して良い言葉を使うことは、その人だけでなくその人の人生そのものにも良い変化をもたらすと思っています。
言葉にはそんな大きな力があると思います。
ならば、できるだけ思いやりある、優しく、丁寧な言葉を使うことで、患者さんも自分自身も幸せになれると思います。なぜなら自然と良い言葉を使う人が周りに集まってくるからです。

3.『笑顔を大切に想う』
笑顔には色々な力があります。
・笑顔は人を元気・幸せにします。
・笑顔は人を認めます。
・笑顔はぬくもりと安心感を与えます。
・笑顔はコミニュケーションの壁を一瞬にして越えます。
・笑顔は笑顔を引き寄せます。

『笑顔を大切に想う』ことで、いつも笑顔でいることは、周りの人にいろいろな良い変化をもたらします。それは、巡り巡って自分自身や自身の人生にも笑顔をもたらしてくれます。だからこそどんな時も笑顔でいることが大切です。

4.『感謝の心を大切に想う』
何気ない普段を送れているのは、実は沢山の人の手で支えられているからなんです。『優しい手』、『厳しい手』、時に『自分には見えない手』など様々な手があります。その手に『想いを馳せる』こと、そして『有り難う』と思うことが感謝だと思います。
また、感謝は、素直で謙虚な気持ちを育てるだけでなく、人を批判することがなくなります。なので、人に信頼され、好かれるようになります。当然、自然と周りに人が集まるのです。幸せになるのは必然なのです。

これらの4つを毎日実践できたら、必ず患者さんに喜んでいただける医院になれると信じています。その時はきっとみんなが幸せになっていると思います。そして、いつか、はるやま眼科を『人を幸せにできる眼科』にしたいと思っています。 そんな大きな夢を持っています。

また、そんな中でスタッフには、はるやま眼科のメンバーであることに、『幸せや誇りを感じてもらいたい』と思っています。そのために今僕のすべき事は何なのかを、いろいろなことに耳を傾けながら、日々謙虚に考え続けています。

はるやま眼科 院長  春山賢介