院長コラム 『多焦点眼内レンズ、先進医療特約について』

『多焦点眼内レンズ、先進医療特約について』

 

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、先進医療と定められ、先進医療特約の対象となっています。

 

これは、民間保険会社の契約時に先進医療特約に加入している場合、加入会社によりますが、上記の多焦点眼内レンズを用いた白内障手術の手術費用のほぼ全額を保険会社が支払ってくれるという制度になります。

 

まだ正確に時期は決定してはいない様ですが、早ければ4月以降には、多焦点眼内レンズを使用した白内障手術が先進医療の指定から除外されることが示されました。

 

これまでも自費医療でしたが、今後はどのような扱いになるかは不確定ですが、先進医療から外れるのは確定と考えて良いと思います。同時に先進医療特約も使用できなくなることになります。

 

先進医療特約を使って手術をお考えの方には、是非ご理解頂きたいと思います。また、続報がある場合には、ご報告する予定です。