色覚異常の分類(詳細)

    1色覚:
    3つ錐体のすべてが異常、もしくは3つの錐体のうち1つが正常。
    ➡発生頻度が少ない。1色覚の多くは視力障害を生じる。
    • 杆体1色型色覚:
      すべての錐体の異常。杆体のみ正常で、視力不良で眼振も存在する。
      昔でいう全盲にあたる。
    • 赤錐体1色覚:
      赤錐体のみ正常。
    • 緑錐体1色覚:
      緑錐体のみ正常。
    • 青錐体1色覚:
      青錐体のみ正常。視力不良。
  1. 2色覚:
    3つ錐体のうち2つが正常、1つが異常。(昔でいう色盲にあたる)
    • 1型※2色覚:
      赤錐体(L※錐体)の欠如。
    • 2型2色覚:
      緑錐体(M錐体)の欠如。
    • 3型2色覚:
      青錐体(S錐体)の欠如。頻度は、非常に少ない。
    ※L,M,Sは、long, middle, short の波長の長さを示す頭文字。 ※1型とは赤錐体障害、2型とは緑錐体障害、3型とは青錐体障害を示す。
  2. 異常3色覚:
    1つの錐体の部分的機能不全。(昔でいう色弱にあたる)
    • 1型3色覚:
      赤錐体(L錐体)の部分的機能不全
    • 型3色覚:
      緑錐体(M錐体)の部分的機能不全
    • 3型3色覚:
      青錐体(S錐体)の部分的機能不全