日帰り白内障手術の術前から術後までの流れをご紹介します。

白内障手術の術前から術後までの流れ

1.診断・術前検査・手術説明

  • 白内障の診断 、手術前検査
    視力検査、顕微鏡検査、眼底検査を行い、白内障の程度、他の疾患の有無を調べ、白内障手術が本当に必要なのか、手術の効果について検討します。
    手術希望かある場合は、手術前検査を行います。眼内に挿入する眼内レンズ決定する検査や角膜内皮細胞の数を測定したり、採血による血液検査にて感染症の有無を調べます。
  • 手術説明(別日に説明日を設けています)
    手術内容・合併症・手術前後の注意点を説明し、術前点眼、術後内服を処方します。

2.手術3日前

手術3日前から手術眼に抗生物質の点眼薬を日に3回点眼。

3.手術当日(術前〜手術)

  • 手術当日の朝は8時半から15分おきに3回、散瞳点眼薬をさして、手術準備をして頂きます。
  • 午前中の指示時間に来院。
  • 来院後、状態確認とお会計。
  • 手術。消毒を行なってから、手術開始。麻酔は目薬で行い、手術時間は、平均で約10分。
    » 手術の工程 詳細はこちらから
  • 手術終了後少し休んでご帰宅。手術眼には眼帯をしてお帰り。片眼では見づらいなどの場合は、臨機応変に眼帯なしで保護メガネでご帰宅をお願いする場合もあり。

3.手術当日(術後ご帰宅されてから)

自宅に着いたら、この日は少しゆっくりして頂きますが、ずっと寝ている必要はありません。入浴、洗顔はできません。眼帯は付けたまま夜は寝て頂きます。

4.術後1日目~術後6日目朝

術翌日に医院にて眼帯を取り、視力検査や目の状態を確認します。4日間飲みきりの内服薬と4種類の点眼薬を処方し、始めていただきます。お帰りは、眼帯なしで、保護メガネでお帰り頂きます。洗顔、洗髪は厳禁ですが、よく絞った濡れタオルで顔を拭いたり、首下までのシャワー、入浴は手術翌日の夜からOKです。洗髪は美容室で行ってもらいます。
術後2日目、4日目も診察を行います。

5.術後6日目夜以降

術後6日目は、視力検査や目の状態を確認します。ご帰宅後は、目をつむって洗顔・洗髪はOK。目薬は3種類に減ります。術後3週間経過する頃には、目薬は一気に1種類に減ります。

6.術後1ヶ月以降

術後の注意事項もなくなり、目薬は1種類となります。術後6ヶ月までは、1ヶ月間隔にて経過観察を行います